コラム

一般社団法人のあっく自然学校

代表 高井 啓太郎氏

Q1どのような活動をされているのですか

のあっく自然学校は、1992年に誕生し大阪・兵庫・岡山・名古屋の4拠点を中心に一過性のものでなく、その場、その時に感じられる自然素材を使って、自分で手に取り、耳で聞き、肌で感じる「ほんまもん体験」を提供する自然学校です。0歳からの野外教育を推進し、生涯学習としての野外キャンプを展開しています。
また自然学校のポイントとして、1つめはキャンプの主役は子どもたちであるということ。
2つめは楽しめるコンテンツを盛りだくさん用意しています。
3つめに自然学校は4拠点あるので遠方にも多くの友達ができる活動を進めています。

Q2ホームページをWebiderにする以前は、どんな問題点がありましたか

それまで修正箇所や今すぐ更新したい箇所があっても、WEBデザイナーに連絡をとり、修正してもらっていたので、更新されるまでに時間がかかっていました。修正やデザイナーとの連絡が手間となり、ホームページの更新頻度や利用度も低かったです。
またホームページでの宣伝をするにあたり、どうすれば検索ヒット率があがるのか、検索の順位をトップに持ってくることができるのか等もよく分からず苦悩していました。
デザインや項目の配置などもあまり気にいっていませんでした。

Q3ホームページをWebiderにして、どのように変わりましたか

Webiderにしたことにより、大幅に変わったことは自分たちでホームページの修正や更新、場合によってはページの増減を自由に行えるようになったことです。またデザインも一新し、その際にちょっとした動きやアレンジも加えて頂き、ホームページを見た人が楽しく思わず参加したくなるようなデザインになっており満足しています。
配置などもわかり易く、今までになかったサイトマップなども作成してもらい参加者や関係者からも好評です。
これらの結果、自然学校への参加者も飛躍的に伸びました。

Q4ホームページの更新等、使用感・操作性はいかがですか

自分たちで更新が自由に行えることになったことで、各段に更新を行う頻度が増えました。更新するたびに参加者の方からの反応があり、かなりの方がネットを使用して情報を得ていることを再認識しました。
ホームページやHTMLの知識が殆どなくでも簡単に、短時間で更新を行うことができるのでとても便利です。
どうしても分からないところやミスしてしまい配置がおかしくなってもサポート更新があり、カバーして頂けるので安心して使うことができます。

戻る