コラム

コラム

NPO法人箕面こどもの森学園

お客様インタビュー

代表理事 谷川詩織氏

Q1どのような活動をされているのですか

民主的に生きる市民を育むことを目的とした小・中学校で、現在約60名の子どもたちが学んでいます。その教育実践は、国連機関であるUNESCOからも認められ、2015年に持続可能な開発のための教育(ESD)を行うユネスコスクールに認証されました。2016年には、文科省委託事業の一環で、国内24校のESD重点校(サスティナブルスクール)にも選ばれています。
学校運営事業に加えて、子育て支援事業として、子どもと大人の自己肯定感を育む親子教室「親と子の土曜クラス」や、子育てハッピーアドバイス講座を行う「子育てカフェ」を開催しています。大人の学び場事業として、まちづくりについての市民熟議「教育カフェ・マラソン」、子どもの主体性・市民性を育む学び場コーディネータ養成プログラムを行う環境に配慮したくらしを考える「ロハス・フェスタ」、市民共同出資の太陽光発電所などの事業を行い、持続可能な社会を創ることを目指しています。

Q2新しいホームページを作成するにあたり、期待した点は何ですか

自分たちのビジョンや想いを効果的に表現していただくこと、他団体のHPと見比べたときに組織のあり方をよりわかりやすく表現していただくこと、見やすくて、伝わりやすいデザインにしていただくことを期待していました。
今までのHPは更新に時間がかかったので、リアルタイムに更新ができることも期待した点でした。

Q3ホームページの制作過程はいかがでしたか

ホームページを制作していくのは、大変な作業でしたが、こちらの思いをお伝えして、それを共有していただきながら、制作していくことができました。こちらから複数人が様々なことを依頼しても、それぞれを取りまとめていただき、一つひとつをしっかり対応していただきました。

Q4ホームページが完成してどうですか

とてもかわいくてすてきなデザインのホームページが出来上がり、とても嬉しいです! 他の団体のHPを見比べても、温かくて個性的なHPに仕上がっていて、私たちのイメージにかなり近いものとなりました。
自分たちが目指したい方向もしっかりと表現できたので、ホームページを充実させていけることが活動の成果としても見えるカタチになったと思います。
ホームページを作成し直したことで、自分たちの活動の方向性がより明確になりました。ホームページからの問い合わせも増えています。

Q5ホームページの更新性、使用感・操作感はいかがですか

リアルタイムに更新ができるので、ありがたいです。自分たちで更新が難しいところは、サポートしていただけるのですが、対応も速くて、ていねいです。また、機能が整理されていて、使いやすいと思います。