コラム

コラム

YSCグローバルスクール

お客様インタビュー

Q1団体としてどのような活動をされているのですか

海外にルーツを持つ子どもや若者のための、専門的教育事業として日本語教育や学習支援、高校進学のためのサポートなどを行っています。これまでに6歳~30代まで、600名以上の子ども達をサポートし、そのルーツは30カ国以上にものぼっています。
また、こうした子ども達は日本語や文化の壁だけでなく、見た目の違いからいじめや差別、偏見にさらされたりなど多くの困難を抱えていますが、その現状はあまり一般的に知られていないため、SNSやウェブメディアなどを活用した情報発信にも力を入れています。

Q2新しいホームページを作成するにあたり、期待した点は何ですか

この数年で日本で暮らす外国人の増加などもあり、少しずつですが海外にルーツを持つ子ども達の存在がメディアなどで取り上げられることが増えてきました。ホームページをリニューアルしたいと思っていたタイミングはまさにこうした変化のさなかにあり、子ども達が直面する課題やそれに対する私たちの活動をより効果的に、広く伝え、認知度を向上させるための「情報発信基地」のような役割を期待しました。

Q3ホームページの制作過程はいかがでしたか

とても丁寧に進めていただきました。伝えたいことをわかりやすく見せる、ホームページを訪れた人が目的の情報にすばやくアプローチできるデザインなど、何度もやり取りを重ねて完成までの道のりを文字通り寄り添って進めていただいたと感じます。制作プロセスの中で私たち自身も想いや活動、伝えたい課題などを精査できたことは想定外の収穫となりました。また、ホームページをただ制作するだけでなく、負担となっていたページの日常的な更新作業をルーティンとして行いやすいような仕組みを取り入れてくださったりなど、「ホームページ完成後」を見据えて制作していただくことができました。

Q4ホームページが完成してどうですか

周囲の方々からだけでなく、内部でも海外ルーツの子ども達が本来持っているポテンシャルを感じさせる明るく、でも落ち着いた信頼感のあるデザインが好評です。取材や講演依頼などもホームページを入口にスムーズに進められるようになり、依頼件数も増えており、「海外ルーツの子ども達の直面する課題を広める」と言ったホームページの目的に対して効果が出ていると感じます。

Q5ホームページの更新性、使用感・操作感はいかがですか

情報がわかりやすく整理され、更新作業も日常業務の中で取り組みやすく更新頻度も格段に増えました。また、日々の更新作業は原則として「お知らせ」ページに集約していただいたこともあり、関連業務に対する負担感軽減につながっています。ITに苦手意識があるスタッフでも直感的に操作できるわかりやすさで、特定の職員に偏っていた情報発信作業を分担しやすくなりました。